2018/05/28

フィラリア予防について

フィラリアは蚊が媒介する寄生虫で犬の心臓の20〜30cmのソーメン状の成虫に成長して様々な病気を起こします。
6月から11月まで毎月一度の駆除剤を投与してフィラリア症を予防します。
● 内服薬(錠剤タイプ、チュアブルタイプ、ノミダニも同様に駆除できるタイプがあります)
● スポット剤(ノミ、ミミダニ、回虫も同時に駆除できます)
その他注射で1年間駆除効果のあるものがあります。

ページのトップへ戻る